テキトー雑学堂 タイトルバナー

歴史・地理 その1「日本刀 分かっているようでよく分からない」


本 この話は「テクノロジー」の編に書こうかと思ったのですが、やはり、日本の歴史にとって深い関わりを持っているテーマですから、素直に歴史の編に書きます。ちなみに、なぜテクノロジーの編に書こうかと思ったかといえば、日本刀の製作技術はある意味で「奇跡的なテクノロジー」だからです。一般には「折り返し鍛造」ということで現代の刀匠にも引き継がれていますが、そのような技がどうやって、どこから生まれてきたのか、まだよく分かっていない筈です。古墳時代には青銅製の剣だけでなく、すでに鉄製のものもあったようですが、形状は直刀。真っ直ぐなシルエットを持った剣です。現在のような反りのあるシルエットになったのは平安時代に入ってからのようですが、ここがよく分かっていません。何せ、遺品が少ないため、その検証が難しいのです。
   
ちなみに私も日本刀を愛好する一人です。あくまでも美術品としての鑑賞用です。銃刀法はありますが、銃は警察の管轄、というか猟銃、スポーツ等に関わるもの以外は所持が当然禁止されていますが、日本刀は誰にでも所有することができます。なぜなら、美術品として扱われるからです。管轄は文科省で、登録先は各自治体の教育委員会です。意外にお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなっています。届出して登録するのは日本刀そのもので、登録証に所有者記名欄はありません。ただし、所有できるのは「日本古来の製法、折り返し鍛造で作られた刀」だけです。鋼鉄から削り出したり、特殊鋼で作ったもの(模造刀)はただの凶器とされます。刀身が合金(多くはダイキャスト)で作られ、刃が無く、観賞用の拵えに収められたものは「模擬刀」で、これは届け出も何もいらないインテリアです。
    
話が逸れましたが、日本刀の折り返し鍛造と焼き入れ、研ぎの技術がその刀身に「刃紋」や「映り」「沸(にえ)」「匂(におい)」などの美しい文様(化粧彫という一種のフェイクもあります)を浮かべます。まあ、日本刀に関して詳細な薀蓄を述べていると、とんでもなく長い文章になりますのでそこはバサッと端折ります。日本刀は大まかに平安末期から鎌倉期、室町中期位までの日本刀が「古刀」、室町末期を「末古刀」、戦国から江戸期を「新刀」、江戸末期を「新々刀」と大まかにそのような区分になっています。その後は明治期になって廃刀令が出ました。名のある刀匠もその技を活かせる場を失い、普通の鍛冶仕事で生計を立てるしかなかったでしょう。

日本刀が改めて打たれるのは昭和の九段刀。当然、戦争による軍刀の需要が高まったからです。その時期に打たれたものをまとめて「昭和刀」とも呼びます。今も刀匠はいますから、「平成刀」なる呼称があるのかもしれませんけど、知りません。私は末古刀と九段刀匠の打った日本刀(昭和刀)を持っていますが、これが同じ日本刀かというくらい違いがあるのです。まず、末古刀ですが刀身が鈍く青光りするような鉄で、昭和刀はピカピカした感じの刀身です。切った感じも(今はやっていませんが、ナンチャッテ居合を少々…)末古刀の滑り付くような粘りと違って、昭和刀はカキーンと硬質な感じです。打った時代が違うと言えばそうなんでしょうが、初期の日本刀がどのような鉄で打たれたのか、明確な説がありません。隕鉄(隕石の鉄)が原料ではないか、とか、砂鉄から玉鋼(たまがね)を作る時の製法、とか、定説はありません。隕鉄説はけっこう支持されているようです。
  
そして鉄という材料もさることながら、日本刀と呼ばれているように、これは日本固有の刀です。その製法は「折り返し鍛造」、要するにパイ生地を作るように灼熱の鉄を何度も折り返して鍛えるのですが、こうした製法が一体、どのような経緯で生まれたのか、ハッキリ言って謎です。「折り返し鍛造」が生まれたのは、鉄を今に比べて低温でしか溶かせなかったため、との説もあります。少なくとも平安期には太刀が出現していますので、この辺りの時代に生まれた、当時としては最先端のテクノロジーだと思います。研ぎ師の人も言っていますが、古刀と新刀では研いだときの感触が違うそうです。古刀は吸い付くような感じで、新刀は滑るといった感じだそうです。現代でも刀匠が刀を打つ姿はさまに神事ですが、今に昔のスピリッツを残しているのでしょうか。

日本刀に関して話を書けばキリが無くなるほど、日本の歴史・文化・地理と密接につながっている訳ですが、まずは日本刀が平安期に突然現れた「奇跡の技術」といってもよいかと思います。歴史(正史)に残らない、大天才技術者が現れたのでしょうか。ちなみに、また別の機会に書くと思いますが、そうした古刀の名刀太刀は戦国期の中で、大阪城をフィナーレとして、殆どが炎の中に消えたと思います。焼き入れした鉄は炎の中ですべてナマクラになってしまったと思います。重要文化財・国宝級の日本刀はそのほとんどが個人所蔵で、まず表には出てきませんし、確か二百振り程度と、数も少ない。世界クラスの謎を持っているのが日本刀であると思います。

歴史・地理 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「あれこれブログ風」サイト
「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.