テキトー雑学堂 タイトルバナー

その他 その31「超常現象 科学的に証明できないものは何でも正しい」


本 WEBで面白い資料を見つけました。面白いというと少々不謹慎なのかもしれませんが、思わず笑ってしまいました。その資料は「生まれ変わりを信じますか」という、思い出したようにポコポコと出てくる「定番アンケート」です。笑ってしまったのは(失礼)、「生まれ変わりを信じない」という「いいえ」の答えの方々の「その理由」のトップを見た時にです。それは「科学的に証明できない」ってやつでした。これも「定番的お答え」ですね。ちなみにアンケートは全体数(N数)が1,809人で、「理由」については複数回答で三つまで。さらに笑ってしまったのは、二番目の理由が「人生は一度きり」というもの。これは「理由」なんですかね? これは「考え」とか「信条」でしょう。なんで「人生は一度きり」って考えるのか、その「理由」を聞いてみたくなります。三番目は「宗教的フィクション」であるからだそうで…。四番目は「信じている人はうさん臭い」、お次は「単なるファンタジー」とか。

まあ「あまりに荒唐無稽」とやらも含めて、要は「信じられないから信じないのです」ってのが理由って事でしょう。このアンケート、某新聞社の記事として公開されていたもので、デジタル版と新聞版があるようです。調査設計はどこがやっているのでしょうかね。選択形式ですから、「理由」としての答えは用意されているわけで、その中にある「人を惑わす有害な言説」なんてのを設けておくなんて、この調査項目を作成した人自体が「そう考えている」のでしょう。ところで、「生まれ変わりを信じるか」という問いに「いいえ」と答えている人は68%で、「はい」と答えているひとは32%。まあ、順当なところでしょう。

で、「はい」と答えている方々の理由もなかなか面白い(失礼)。一番目が「想像するのが楽しい」、二番目が「前世からの因果応報を感じる」、三番目が「来世でやり直したい」…。ハイ、この三番目の答えには鼻水が出ました。一番目もなかなかに微笑ましい「理由」であると思います。でまた、「全員が答えました」ってことで、「霊魂は不滅だと思う?」という質問に、「はい」が30%、「いいえ」が70%。同じようなことをまた尋ねているので同じような答えが返ってきますよね。それに、質問の前提となる「霊魂」を明確に定義しておかないと、これって「ポコペンは不滅だと思う?」って聞き方に近いと思いますよ。「霊魂って何だと思いますか」、って質問も入れておかなきゃ。

と、突っ込みどころ満載のアンケート結果で、なかなか楽しめましたが、私自身がもしこのアンケートに答えるとしたら、笑いながらかもしれませんけど「はい」と答えます。私は「生まれ変わり」、それを「輪廻転生」というのなら、信じているというか、そうあらねば「連綿と生産される命の不思議」を説明できないと考えているからです。それは一種の「思考実験」ですが、兄弟サイトの「不思議・怖い・変を普通に考える」の「不思議その35『輪廻転生があるから 生命は再生産できる』」に書きましたので興味がお有りの方はご覧ください。ここにそれを書きますと、記事が被って「思考実験」の繰り返しとなり、冗長となりますので。

本題に行きます。「今までのは単なる茶化しか」というご批判はご容赦いただくとして、「生まれ変わりを信じない」理由の一番目が問題となるのです。「科学的に証明できない」ということですが、では「生まれ変わりなどない」ということを「科学的に証明」するとしたらどうでしょうか。どちらも「科学的」になど証明できないでしょう。つまりは、答えがどちらでも「科学的に証明」などできないのです。そこはまだまだ科学などが辿りつける(対象にできる)領域ではないのです。「神」にしてもそうです。むしろ着目すべきは、どうして「生まれ変わり」や「神」を信じるという人が存在するのか、どうしてそうした「概念」「考え」という、感覚や経験でしか捉えられない形而上的なものを人は、三分の一程度とはいえ持っているのか(この国では「神」についても同じような比率になるのでは)。

私の思考能力は、理科系的には破たんしているのですが、数学をご先祖に持つ哲学という、言い切ってしまえば「思考実験」の手法のなかで、「神」も「霊魂」も「生まれ変わり」も否定するすべを持たないのです。もちろん、積極的に肯定するすべもありません。しかし、数学的な考え(間違っていたら、御免)でいけば、「前提が嘘であるなら、その前提によって成り立つものはすべて真である」ということで、これを「前提がアヤフヤであるなら、その前提によって成り立つものはすべて真である」と援用すれば、そもそもが「真偽を双方、科学的に実証できない」ものは、どちらも「真」、つまり「正しい(もしくは正しくない)」ので、そもそもがこのようなアンケートは意味がないのです。しかし、面白いのは間違いないから、何度でも定番的に行われるのでしょう。

まあ、面白いということでこのアンケート結果をもう一度眺めると、「生まれ変わりを信じない」と答えた人に「その他(生まれ変わり以外)の超常現象は実在する?」という質問に、36%の人が「する」と答えているのです。で、その実在すると思われる超常現象というのが、一番目は「予知」、二番目は「臨死体験」、三番目は「UFO]、続いて「幽霊」や「霊の乗りうつり」「妖怪・妖精」などがあります。思わず「どっちやねん!」と突っ込みたくなります。まあ、選択的に「超常現象」なるものをお楽しみになっているのでしょう。64%の「しない」と答えた人はもう「唯物主義・形而下」の世界に生きる鉄板でしょう。ゆるぎないその姿勢に敬意は表しますが、どうしても聞いてみたくなります。「面白い?」。まあ、人ぞれぞれで色々な「楽しみ・面白さ」をお持ちなのでしょうが、私は「楽しさ・面白さ」の根源には、非科学的と言われようがヘッチャラな「想像力・好奇心」が蠢いていると思っています。幽霊の話をしながら一杯やるというのは、楽しいですよ。

その他 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「あれこれブログ風」サイト
「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.